紫外線を吸収してシミを作る原因とされる食べ物とは?

朝、ビタミンCを含むフルーツやサプリメントを摂取すると紫外線を吸収しやすくなると聞いたから避けるようにしている…なんて方いらっしゃいませんか?

実はそれ間違いなんです。

紫外線を吸収してシミを作る原因は別の所にあるんですよ。

そのあたり詳しく説明していきますね。

スポンサードリンク
  

紫外線を吸収してしまう食べ物とは?

紫外線を吸収してしまう食べ物はビタミンCを含む食べ物だと勘違いしてる方が多いですが、それは間違いです。

紫外線を吸収してしまう食べ物とは「ソラレン」を多く含む食べ物です。

ソラレンを含む食べ物を食べると紫外線への感受性が高くなり、吸収しやすくなります。

また「摂取してから2時間ほどで血流に乗って体全体に行き渡る」という特徴も持っています。

ですので朝にソラレンを含む食べ物を食べると、

自分で日焼けしやすい状態を作り上げて太陽の光の中に飛び込んでいく

みたいになってしまいます。

以下にソラレンを含む食べ物を書いておきますので、紫外線対策に力を入れている方は避けるようにしましょう。

ソラレンを多く含む食品

  • レモン
  • みかん
  • オレンジ
  • グレープルフルーツ
  • キウイ
  • アセロラ
  • いちじく
  • きゅうり
  • パセリ
  • セロリ
  • 三つ葉
  • 野沢菜
  • パセリ
  • しそ

これらの食べ物にソラレンが多く含まれています。

…このラインナップを見て「あれ何か見覚えあるな」って思われた方いらっしゃいません?

そうです、これらの食品はソラレンだけじゃなくビタミンCを多く含む食品なんですよ。

それ故に「ビタミンCを多く含むものを食べるとシミが出来やすくなる」という誤解が生まれちゃったんですね。

ビタミンCを多く含む食べ物はソラレンも多く含むものが多いので微妙に当たってると言えば当たってますが、本質を見失わないでくださいね。

スポンサードリンク

朝に避けるべきは「ソラレンを多く含む食べ物」ですよ。

朝にグリーンスムージーを作って飲む習慣がある方は、これらの材料を省いた方が良いでしょう

シミの原因となる食べ物は時間帯を選んで食べるべし

先ほど説明したようにソラレンを多く含む食品はビタミンCも多く含みます。

ビタミンCは健やかな肌を保つのに必要な栄養素であり、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きもあるので紫外線が強くなる季節は積極的に摂りたいところ。

なら、どうすれば良いのか。答えは簡単。

朝に食べなければ良いのです。

ソラレンの効果は食後7時間ほど続くと言われています。

ですから日中(特に朝)は食べずに夕方以降に食べるようにすれば良いんです。

これなら何の問題もありません。いっぱい食べてビタミンCをたっぷり摂取しちゃいましょう。

まとめ

ソラレンを多く含む食べ物は時間帯を選んで食べれば何の問題もありません。

「紫外線を吸収したくないから」と避けず、夕方以降に積極的に食べるようにしてください。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制するだけじゃなく、コラーゲンを作るために必要な成分なのでハリのる肌を保ちたい方は絶対に避けないようにしましょうね。

「ソラレンを含まない紫外線対策に役立つ食べ物」が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください

紫外線を内側からケアする食べ物と紫外線対策に朝食べるといいもの
紫外線を内側からケアする食べ物と紫外線対策に朝食べるといいもの
紫外線が強くなってきたので日焼け止めを塗るだけじゃなく、体の内側からのケアも行いたいというあなたに「紫外線を内側からケアする食べ物」...
スポンサードリンク