紫外線がドライアイの原因になる?対策方法とケアに使う目薬の注意点とは?

日中、強い日差しの中で過ごすと目が乾いて困る…なんてことありませんか?

それ紫外線が原因でドライアイになってるんですよ。

ドライアイというとパソコンやスマホで目を酷使してなるというイメージが強いものですが、紫外線も原因になるんです。

なぜ紫外線がドライアイの原因になるのか、その対策やケア方法はどういったものかを紹介します。

特にケアで使う時の目薬は注意すべき点があるので、その当たりを詳しく説明させていただきますね。

  

なぜ紫外線がドライアイの原因になるの?

目に強い紫外線を浴び続けると、目の結膜・水晶体・角膜などにダメージを受け炎症を起こします。

これが目の充血やドライアイ、眼精疲労などの症状を引き起こしてしまうんです。

つまり…目が日焼けして赤くなったりヒリヒリと痛みを感じたり疲れたりしてるんですね。

肌が日焼けしてダメージを受けてるのと同じです。

だからと言って「何だ日焼けかあ」と軽く見ないでください。

目に紫外線を浴び続けることは、目の病気を引き起こす原因にもなります。

例えば白目の一部が盛り上がり、黄色く濁ってシミのようになる「瞼裂斑(けんれつはん)」です。

瞼裂斑になると白目が部分的に盛り上がり、その部分に涙が届かなくなりドライアイや炎症を引き起こします。

瞼裂斑が大きくなり黒目にまで入り込むと「翼状片」となり、乱視や視力低下を引き起こします。

この他にも白内障など様々な目の病気の原因になります。

強い紫外線を浴びてドライアイになることを「目が乾いてるだけ」と甘く考えず、目にダメージを受けていると考え、しっかり対策やケアをするようにしましょう。

ドライアイの対策方法は?

目が紫外線を浴びることで受けるダメージがドライアイの原因なのですから、目に紫外線を受けないようにすることが大切です。

  • UVカット加工帽子
  • UVカット加工日傘
  • UVカット加工サングラス・メガネ
  • UVカット加工コンタクト

これらの紫外線対策グッズを使って紫外線が目に入らないようにしましょう。

UVカット加工が施されたコンタクトレンズを使えばそれだけで目を保護できるような印象がありますが、これだけでは白目はカバーできないのでサングラスなどと併用してくださいね。

紫外線対策用のサングラスは色で選ばない

サングラスの紫外線対策効果は色ではなく、UVカット率の高さで決まります。

薄い色のUVカット加工が施されたサングラスの方が、何もされてない黒いサングラスより効果は高いんです。

それどころか、ただの真っ黒なサングラスをしていると光を取り入れるため瞳孔が開くので、かえって紫外線が目に入りやすくなってしまいます。

ですので色ではなくUVカット加工がされてるサングラスを使うようにしてください。

UVカット加工以外の「紫外線対策用に選ぶべきサングラスの条件」が知りたい方はこちらの記事も合わせてお読みください。

目から入る紫外線で日焼けするって本当?サングラスやメガネで防ぐことはできる?
目から入る紫外線で日焼けするって本当?サングラスやメガネで防ぐことはできる?
帽子にストールにと日焼け対策はバッチリしているつもりだったのだけど、この間「紫外線は目からも入ってくるので目を守らないと日焼けするよ...

ドライアイのケアに使う目薬を選ぶ時の注意点とは

まずは目薬を使う前に保冷剤などで炎症を起こした目を冷やします。

その上で目薬を使うのですが、この時、炎症用の目薬は使わないでください。

充血用の目薬には「血管収縮剤」という血管を縮めて充血を抑える成分が配合されています。

【代表的な血管収縮剤】

  • 塩酸フェニレフリン
  • 塩酸ナファゾリン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン

これらの成分は効果が切れると再び血管が広がり、それがまた充血の原因となってしまいます。

UVケア目薬の中にも「血管収縮剤」が入ったものがあるので「UVケアだから」という理由で安心せず成分を確認しましょう。

紫外線を浴びたことによるドライアイをケアするのには、涙に近い成分(塩化ナトリウム、塩化カリウムなど)が入った目薬がおすすめです。

ドライアイの症状がひどい場合は目薬に含まれている防腐剤(塩化ベンザルコニウム、ソルビン酸カリウムなど)に敏感になり、刺激を感じることがあるので防腐剤フリーの目薬を選びましょう。

以下の2商品は人気・評判ともに良いですよ。

防腐剤が入っていないため、どれだけ残っていても捨てなければいけないのが少しもったいないですが、これも目の保護のためと割り切ってください。

こうやってケアをしてもドライアイの症状が治まらない場合は、目が傷ついてる可能性があるので眼科を受診することをおすすめします。

まとめ

肌と同じように目も紫外線によるダメージを受けます。

このダメージを防ぐためサングラスや帽子などで目に紫外線が入らないようにしたり、紫外線を浴びてしまった後はしっかりケアしてください。

それがあなたの目の健康を守ることにも繋がるので、気を抜かずに毎日対策してくださいね。