花粉症対策のマスクで肌荒れする時の改善方法とニキビの防ぎ方

花粉症のマスク

花粉症だから常にマスクをしてないと鼻水やくしゃみが止まらない。

けど、ずっとマスクしてるせいか肌荒れやニキビができてしまった。

だからと言ってマスクを外すわけにはいかないし、何か良い対処法はないのだろうか?

その「良い対処法」を紹介しますよ。

スポンサードリンク
  

花粉症対策のマスクで肌荒れする原因

花粉症の方がマスクで肌荒れする原因は主に2つです。

1つ目が、摩擦による肌荒れです。

常にマスクを付け続けることにより、肌への慢性的な摩擦が起こります。

その摩擦が肌を刺激から守るための肌のバリア機能が低下してしまうため肌荒れを起こします。

マスクだけでなく頻繁に鼻をかむことによる摩擦もバリア機能低下の原因になるので、鼻をかむ+マスクという摩擦のコンボで肌荒れがひどくなる事が多いです。

2つ目の原因が雑菌の増殖です。

常にマスクをしているとマスク内部が蒸れて雑菌が増殖しやすい環境になります。

そしてニキビや吹き出物が出来る・悪化するなどの肌荒れを起こします。

ちなみにこの雑菌の増殖は肌のバリア機能を低下させる原因でもあるので、ニキビが出来るだけなく肌のガサガサ具合もひどくなります。

それでは原因が分かったところで、それぞれの原因の対処法を紹介していきましょう。

マスクの摩擦で肌荒れする時の改善方法

立体マスクを使う

顔に密着するタイプのマスクではなく、立体マスクを使用すると、直接肌に触れる部分が少なくなり摩擦を防げます。

顔にフィットしたマスクを使う

また「鼻からあごまでしっかりと顔を覆ってくれるから」という理由で大きめのマスクをつけている方がいますが、動いたり喋ったりするたびにマスクがモゴモゴ動いているとそれが摩擦になります。

こういったマスクが動くことで起こる摩擦を防ぐため、顔にピッタリとフィットしたマスクを使用するようにしましょう。

前からだけでなく横もチェックして、隙間がないものを選んで下さいね。

スポンサードリンク

ワセリンやクリームを塗る

その上でマスクと肌が接触する部分に、ワセリンやクリームを塗っておくと摩擦を軽減できます。

特にワセリンは弱った肌のバリア機能も保護してくれるのでおすすめです。

一度塗ったら塗りっぱなしにするのではなく、数時間おきに塗り直しするようにしましょう。

肌に優しいマスクを使う

不織布マスクは、しっかり繊維が絡み合うことでウィルスを防いでくれる有り難いマスクですが、その分、ゴワゴワとしており肌への摩擦が起こりやすいマスクです。

ガーゼタイプなど肌に優しい素材のマスクを選ぶようにしましょう。

…とは言え、使い捨てマスクのほとんどは不織布マスクなんですよね。

毎日清潔さが保て洗う手間がない使い捨てマスクを使うなと言われても困ると思います。

その場合は、マスクと肌の間にガーゼを挟みましょう。

こうするだけで肌への当たりが柔らかくなります。

それか何層か重なった層で出来ていて、一番内側の肌に当たる層だけ綿などの肌当たりの良いもので出来たマスクを使いましょう。

マスクで肌荒れしてニキビが出来るのを防ぐには?

長時間マスクをすることでマスク内部が蒸れるのが原因なので蒸れないように時々マスクを外して換気して下さい。

また雑菌が繁殖するのを防ぐため、毎日新しいものに取り替えて清潔に保つようにしましょう。

「まだキレイから使える」などと言わず、ちゃんと交換して下さい。

ガーゼタイプのマスクを使っている方は、毎日洗うようにして下さいね。

そして毎日の洗顔を丁寧に行い、雑菌の繁殖を防ぐようにして下さい。

ただし洗い過ぎるとニキビや吹き出物が悪化するので洗いすぎは厳禁です。

あくまでも清潔さを保つことを心がけて下さい。

まとめ

花粉症対策としてマスクはなくてはならないものですが、それが原因で肌荒れするのもツライものです。

あなたの顔の形・肌に合ったマスクを選び、正しい使い方をして、マスクによる肌荒れから肌を守って下さいね。

▼花粉症でお困りの方はこちらの記事もどうぞ▼

スポンサードリンク