窓用エアコンの取り付けは女性一人でできる?コツを自分でやった私が教えます

窓用エアコンは「ひとりで簡単に取り付けることができますよ」って言うけど、女性ひとりでも取り付けられるの?

なんかコツがあるなら教えて欲しいというあなたに、実際に窓用エアコンをひとりで取り付けした私が体験談を元に教えます。

スポンサードリンク
  

窓用エアコンの取り付けは女性一人でできる?

ハイ、出来ます。実際に私はひとりで取り付けしました。

ちなみに私は40歳代の女性・筋力普通と、若さとそれに伴う筋力もありません。

身長も150cm代前半と低いため、身体能力的に優れていることはありません。

また機械に詳しいわけでもありません。

それでも窓枠の取り付けとクーラーの設置は30分ほどで出来ました(その後のパッキンの調整の方が時間かかりました)

窓用エアコンに同梱されている取り付け説明書をちゃんと読むこと、最低限の工具さえ揃っていれば女性ひとりでも取り付けは可能です。

  • 窓までエアコンを運ぶのが大変そう
  • 箱からエアコンを出すのが大変そう

という方も居ますが、私が買ったコロナの窓用エアコンは箱の底が発泡スチロールになっていて、両手で押せば簡単に床上を滑ったので移動には困りませんでした。

この発泡スチロール(底)を裏返したところです。滑りやすいようにわざわざ発泡スチロールに薄い段ボールのようなものがが貼られてます。

箱をくくってるPPバンド(ナイロン紐)を切って、そのまま箱を持ち上げれば発泡スチロールの台に固定された状態でエアコンが出てきます。

設置する場所までの移動や設置前に箱からエアコンを出すために、筋力は必要としないのでご安心を(ただし先にナイロン紐を切っちゃうと底が抜けて運びにくくなるのでご注意を)

例え底が発泡スチロールでなくても普通に両手で押せば動いてくれる重さですし、箱から持ち上げて出さず箱をカッターで切ればいいだけの話です。

問題になるとすれば

  • 部屋が畳で箱が滑らない
  • 二階の部屋に持っていかなきゃいけない

といった条件ですね。

これだと女性ひとりの取り付けはかなり難しいので、設置料金を支払って取り付けてもらう方が良いでしょう。

窓用エアコンの取り付けのコツは?

取り付け説明書か動画を観ておく

取り付け説明書や動画などで全体の流れを予習しておきましょう。

個人的には付属の説明書よりも動画の方が分かりやすかったです。

(コロナのおてがるエアコン)

(ハイアールの窓用エアコン)

これで全体の流れの把握と、用意すべき道具をあらかじめ用意しておくと作業がスムーズにいきます。

必ず一度は観ておいてください。

あなたが購入する予定のメーカーの動画を見るのがおすすめです。

椅子やベッドなどクーラーを置く台を用意しておく

女性ひとりで取り付けするには、一度で窓枠の高さまでクーラーを持ち上げるのは無理です。

動画のように自分の肘を伸ばした状態で窓枠に置けるのならともかく、肘を曲げた状態で高いところまで持ち上げて窓枠にはめるという動作は出来ません。

そのため「一度ある程度の高さに持ち上げて、さらに持ち上げる」ことになります。

そのための台を用意しておいてください。

私のおすすめは椅子などの「自分もその上に立ち上がれるスペースがある」ものです。

この後の体験談でも椅子を使った取り付け方を説明します。

スポンサードリンク

窓用エアコンの取り付けを自分でやってみた体験談

窓枠は動画や取扱説明書をきちんと観ていれば何の問題もなく取り付けらるはずなので、ここでの説明は省きます。

問題は窓枠にエアコン本体をはめこむことです。

さきほど説明したように低い位置に窓がない場合は、一度で窓枠の高さまでクーラーを持ち上げるのは無理なので

  1. 取り付け位置の前に椅子などの台を置き、そこにエアコンを置く
  2. 再度持ち上げなおして取り付け位置に運ぶ

という感じに2段階に分けて設置します。


まず設置前に箱ごとエアコンを窓の近くに移動しておき、箱から出しておきます。

そして椅子やベッドなどの「一度持ち上げたクーラーを置ける台」を取り付け位置の前に置きます(背もたれがあるなら背もたれを窓側に置く)

私は大きめの背もたれ付きの椅子を用意しました。

背もたれもがっしりとした椅子にしておくと、置いたクーラーを持たれかけさせる事ができて良いですよ。

そして一度クーラーを持ち上げて、椅子の上に置きます。

クーラーは真ん中あたりを抱え込むように持ち、少し背をそらして自分にもたれさせるように持つと、わりと楽に持ち上がりますよ。

このまま椅子の上に置いたクーラーをさらに持ち上げて、そのまま取り付け枠に本体を載せられる人は載せてください。

私は無理だったので、クーラーを載せた椅子の上に自分も上り、椅子に乗ったままクーラーを持ち上げて窓枠に設置しました。

こうすると「高い位置から取り付け枠にクーラーを下ろす」ようになり、楽に置けます。

自分の肘より上の高さのテーブルに荷物を置くのは大変ですが、肘より下の位置に荷物を置くのは苦もなくできますよね?

あんな感じになるよう、椅子に乗って自分が高い位置になるように調整したわけです。

椅子に乗ることで高さが出るため、クーラーの下部ではなく真ん中を抱え込むように持てることも楽になったポイントだと思います。

私が「自分もその上に立ち上がれるスペースがある椅子」を用意してくれと書いたのはこのためです。

こうしてエアコン本体を持ち上げ、取り付け枠に本体を載せることが出来れば、ほぼ取り付けは完了です。

その後の「エアコン本体の上部を窓枠に押し込む」のは苦もなく出来るので、枠に載せさえすれば設置完了目前です。

きちんとエアコン固定ネジをしめてクーラーを固定してください。

あとは窓用パッキンを貼り付けたり、補助カギをつければ完成です。

窓につける補助カギはメーカーによっては、電動ドライバーを使って取り付けるものがあります。

これをつけるのが難しい方は「サッシ用補助カギ」を購入することをおすすめします。

check サッシ用補助カギ

これなら窓枠に穴をあけるこなく簡単に設置できますよ。

まとめ

窓の近くに「一度持ち上げたクーラーを置く台」さえあれば、女性ひとりでも窓用クーラーを設置することは難しいことではありません。

必要な道具を準備した上で落ち着いて行動すれば何も問題ありませんよ。

ただし無理は禁物です。

作業中に「床から持ち上げるだけでも一苦労」だと感じたら途中で中断し、誰かに手伝ってもらうようにしましょう。

スポンサードリンク