インフルエンザの予防接種は子供に2回受けさせる必要ある?間隔は?鼻水が出ても良い?

予防接種

インフルエンザの予防接種は子供は2回受ける必要があると聞くけど
中には1回しか受けさせてないよというお母さんもいてどっちが本当分からない。

曖昧なまま2回受けさせるんじゃなくって、ちゃんとした理由を知りたいというお母さんの疑問に答えます。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの予防接種を子供に2回受けさせる必要ある?

生後6ヶ月から12歳までの子供には、インフルエンザの予防接種を2回受ける必要があります。

小さなお子さんは1回の予防接種だけでは重症化を予防するのに必要な免疫ができません。

2回受けることで、はじめて十分な免疫を作ることができるんです。

残念ながら2回摂取したからインフルエンザに絶対かかからないわけではありませんが
発熱した時に症状が軽く済むように予防すると考えて下さい。

インフルエンザの予防接種を子供に2回目を受けさせる間隔は?

インフルエンザの予防接種の2回目を受けるまでの間隔は2~4週間です。

ワクチンの免疫効果を高めるためには1回目の3~4週間後に受けることが最適とされています。

毎年、12月下旬頃から翌年の3月にかけてインフルエンザが流行することを考えると、1回目を10月中旬から11月中旬までに、2回目を11月上旬から遅くとも12月中旬までには受けておきましょう。

こうしておけばインフルエンザの流行がピークを迎える年始年末には免疫が出来た状態になります。

効果のピークを迎えるのは、2回目の予防接種から4週間後なのでインフルエンザの流行がピークを迎える年始年末に間に合わせたければ、11月下旬~12月頭くらいには受けておきたいですね。

2回目をいつごろ受けるかを決めて逆算して1回目の予防接種を受けると良いでしょう。

インフルエンザの予防接種は10月中旬頃から開始しているので、お早めに受けに行って下さいね。

2回目までの間隔が4週間以上空いてしまった場合「今年は1回で諦めよう」というのではなく2回目も受けて下さい。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は子供が鼻水や咳が出てても大丈夫?

「鼻水や咳がある状態で予防接種を受けても大丈夫かな?」と不安になるお母さんがいらっしゃいますが大丈夫です。

少しくらい鼻水や咳があっても元気がよければ予防接種は受けられます。

インフルエンザの予防接種の間隔をあけている途中でお子さんが風を引いてしまって鼻水が出たり咳をしたりはよくあることです。

風邪が治るのを待っているうちに、次の風邪にかかったりするので、完治してから予防接種を受けようと待っていたら、いつまで経っても受けられません。

お母さんから見て、鼻水や咳が出ていても、お子さんが元気がある様子でしたらお医者さんに連れて行って下さい。

そしてお医者さんにその旨を伝え、予防接種を受けるどうかはお医者さんの判断任せましょう。

まとめ

インフルエンザの予防接種を2回受けたからといって必ずしも感染を防げるわけではありませんが、きちんと受けておくと感染時の症状が軽く済みます。

インフルエンザのピーク時に予防効果が出るようにスケジュールを立て受けて下さいね。

スポンサードリンク