【2019年】清水寺の夜桜の見頃とライトアップの期間と時間はいつ?混雑を避けるには?

数ある京都のお花見スポットの中でも根強い人気を誇る清水寺。

ここは昼間も人気ですが「闇夜に浮かび上がる清水の舞台とそれを取り囲むようにして咲き誇る桜」が見られるライトアアップは幻想的な美しさがあり、絶大な人気を得ています。

一度は観てみたいという方も多いんじゃないでしょうか?

そんなあなたの背中を押すために清水寺の夜桜の見頃やライトアップの時間などを紹介したいと思います。

また「夜桜は好きだけど混雑が好きじゃない」という方のために混雑を避ける方法を紹介しますよ。

スポンサードリンク

清水寺の夜桜の見頃はいつ?

清水寺の桜の見頃は、例年3月下旬 ~ 4月上旬となります。

ただ桜はその年の気候に大きく影響されるので、これは「目安」としてください。

3月下旬頃に「今年はどんな様子だろう」と清水寺の桜の様子を調べるのがベストでしょう。

清水寺のFacebookか公式サイトの清水寺からのお知らせをチェックしましょう。

清水寺に問い合わせすれば、その時の様子を教えていただけるようなので、直接問い合わせされるのも良いでしょう。

清水寺の夜桜のライトアップの期間と時間

2019年のライトアップ期間と実施時間は以下の予定となってます。

【ライトアップ期間】
2019年3月29日(金) 〜 4月7日(日)(春の夜間特別拝観)

【夜間特別拝観時間】
18時(受付開始)~21時(受付終了)

【拝観料】
大人 400円/ 小・中学生 200円

夜間拝観チケットの事前購入というものはなく、毎年長蛇の列が出来るので早めに並ぶようにしてください。

清水寺の夜桜を観る時混雑を回避するには?

まず時期ですが例年、3月末の土日に一番のピークを迎えます。

スポンサードリンク

この時期は学生さんが春休みということもあって、本当にすごい混雑になるので出来るだけ避けてください。

4月の平日に行くようにすると、ある程度は人が減ります。

春休みが終わればかなり人は減りますが、そうすると桜が散ってしまうのでご注意を。

「今年は桜の開花が遅い」という場合は、そこまで待ってみると良いでしょう。

次に時間帯ですが、夜間拝観(ライトアップ)で一番混雑するのは、受付開始後の18時から19時頃です。

そこから皆さん、夕食を食べに行かれるので19時半~20時ごろになるとかなり人が減ります。

ですので19時半から20時くらいを狙って観に行くようにすると良いでしょう。

行く日によってはこの時間帯でも人が多いことがありますが、ピーク時の人の多さに比べたらかなりマシです。

20時過ぎになると夕飯を食べ終わった人や会社帰りの人たちで再び人が増えてきます。

受付終了30分前の20時半になると、また人は減るのですがその分観られる時間が少なくなります。

受付を終了してから、すぐに閉まるわけではなく30分位は猶予が有るため「多少観る時間が少なくても人混みを避けたい」というなら、この時間帯に行くのもアリでしょう。

何を優先するかを考え、行く時間帯を決めてくださいね。

いずれにしても先に夕食を済ませてから、清水寺に行くように予定を立てておくと良いでしょう。

まとめ

人気の夜桜スポットなだけにどうしても混雑しますが、少し時間をずらすだけで人は減ります。

そこを狙って清水寺へ行き、桜の雲の中に清水寺が浮かんでいるような幻想的な風景をぜひお楽しみくださいね。

お時間があるようでしたら、近くの円山公園にも足をお運びください。

清水寺とはまた違った美しさが楽しめますよ。

きれいな夜桜を上手に撮影したいという方は以下の記事もお読みください。

スポンサードリンク