姫路城の花見の見頃はいつ?場所取りは必要?お弁当はどこで買える?

お花見

世界遺産であり日本の桜の名所100選に選ばれた姫路城。

山桜、ソメイヨシノやしだれ桜など約1000本の桜が植えられており、桜が満開になると白いお城・青い空に映えて、それはそれは見事です。

そんな姫路城に花見に行くなら、見頃の時を狙っていきたいものです。

その反面、シーズン真っ盛りの時に行って混雑がひどいのではないか?場所取りの必要があるんじゃないか?と心配される方も多いと思います。

そこで姫路城の花見の見頃や場所取りについての情報を詳しくお伝えしたいと思います。

また多くの方が気になってるお弁当調達場所なども教えますよ。

スポンサードリンク

姫路城の花見はいつが見頃?

姫路城の桜が満開となるのは。だいたいが4月上旬です。

その年の気候に左右されるため、時々、4月の頭に満開になることもありますが、そういう年は全国的に桜の開花が早いと報道されてます。

ですので「今年は全国的に桜の開花が早くなってます」的なニュースがないのなら、4月上旬に行くと良いでしょう。

特に4月2日~10日あたりが、一番の見頃となることが多いです。

ここ数年の開花状況を見ると3月の終わりに開花し始めた年は4月3~5日が満開に、4月の頭に開花し始めた年は4月11日が満開となってます。

バッチリ満開の日に行きたいなら、姫路城の開花情報を調べて狙って行くと良いでしょう。

コチラ 姫路城の桜開花情報

1,000本もの桜があるので、満開でなければ寂しいなどということはなく、7部咲きくらいでも十分美しい風景は観られますので、そう神経質になる必要はないと思いますよ。

ただ、2018年のように開花も早ければ、咲くのも早いため、城の日(4月6日)あたりは散り際になるかも。

2018年は3月30日に満開になっていたので、桜の開花が早いと言われている2019年もそれくらいをピークと考えておくのをおすすめします。

(2019/3/30 追記)
2019年は開花が早い傾向にありますが、3/28に桜がほとんど咲いていなかったこと、3/30が雨だったこと、4/1~4/3の予想気温が低いことを考えると、姫路城の桜は例年どおり4月2日~7日あたりが見頃になるのではないかと思われます。

一旦、開花し始めると、五分咲きの翌日が七分咲き、七分咲きの翌日が満開、と早い開花ですが、今の開花ペースだと4月第1週が見頃になりそうです。

風があると、かなり寒いので防寒対策をしっかりとってお花見に行ってください。「夜桜デートにお弁当を持っていく?おすすめの服装と便利な持ち物」という記事の「夜桜デートにおすすめの服装」を参考にどうぞ。

姫路城の花見は場所取り不要!

姫路城のお花見は大手門を入ったところにある「三の丸広場」という芝生の敷地内にシートを敷いて観ることになります。

ものすごく広い敷地なので、基本的に場所取りは不要です。

三の丸広場は姫路城を前に半円状に広がってるのですが、その縁沿いに桜が植えられているため、桜の真下で花見をしたいというなら、そこにシートを敷く必要があります。

さすがにそこは激戦区(?)で、朝からシートを広げて寝っ転がってる人がたくさん居ます(若手社員さんとか大学のサークルっぽい人がいる)

けれど、別に桜の真下でなくとも、グルリと見渡せば桜もお城も普通に目に入るので、特にこだわる必要はないです。

むしろ桜の真下=道沿いになるので、頻繁に人が近くを通って落ち着かないため、そこまでして場所取りする必要はあるのかな?と私個人は思ってます。

天守閣に登るのには時間がかかる

先ほど書いたように三の丸広場でお弁当を広げて、お花見を楽しむ分には場所取りは不要ですし時間を気にする必要はありません。

ですが「天守閣に登って城の上から桜を見たい」というのなら話は別です。

スポンサードリンク

日本の桜の名所100選に選ばれてるだけあって、お花見シーズンはかなり混雑します。

平成の大修理が終わった直後のように登閣制限が行われるほどではありませんが、お正月に次いで混雑する時期なので午前中(できれば午前9過ぎ)に姫路城に着いておいてください。

そうしないと、天守閣に登るまでにめっちゃくちゃ並ぶことになり、せっかくお花見に来たのに桜を観る余裕がなくなってしまいます。

通常時でも姫路城内を見て回るのに1時間半~2時間ほど要しますが、混雑時はもっとかかることを考えると「天守閣に登らないという選択肢も考える」こともおすすめすます。

お昼過ぎに姫路城に着く予定なのであれば、その日の来城状況を見て登閣するかしないかを決めてはいかかでしょうか?

「来城状況」は以下のサイトで調べられますよ。

コチラ 世界文化遺産・国宝 姫路城 便覧 来城状況

姫路城の花見でお弁当を買うならココ

有料区域には食べ物の持込みは出来ませんが、三の丸広場でお花見をする分には何も問題ありません。

お花見に持っていくお弁当は駅の近く(駅からすぐ)の山陽百貨店の地下でも買えます。

JR姫路駅東改札口を出てすぐのところにある「ピオレ」の中の「ごちそう館」の中でお惣菜や唐揚げを買い込むのもおすすめ。

ピオレ姫路へのアクセスは以下のとおり。…姫路駅の改札を出てキョロキョロすれば、すぐ見つかります(笑)

ピオレ姫路へのアクセス
画像引用元 交通アクセス|piole HIMEJI

「ピオレ姫路 ごちそう館」のフロアガイドは以下のサイトでご確認ください。どこにどんなお店があるか載ってます。

コチラ ピオレ姫路 ごちそう館

お花見っぽいお弁当が欲しいなら「姫路駅前 フェスタビル」1階にある「味三昧(あじざんまい)」で買うと良いですよ。

コチラ 姫路駅前 フェスタビル(1F)

少しお高めですが、彩りも美しく花見に相応しいお弁当が買えます。

お弁当で物足りない時はお城周辺に食べ物の屋台がいっぱい出ているので、それを買えば良いかと。

たこやき、やきそば、いかやきなどボリュームのある食べ物の屋台がたくさん並んでるので、お弁当がなくても困ることはないと思います。

ただし大手門(お堀を越えた所にある大門)から中は火気厳禁となっており、屋台も門の外にしか出店できません。

一度大手門に入ってから、再び屋台へ買い物に行くのに少し時間がかかりますので、大手門から中へ入ってしまう前に、ある程度の食料を確保しちゃうことをおすすめします。

まとめ

姫路城のお花見は場所取りの必要もなく、お弁当を買う場所にも困ることもありません。

駅から歩いていけるため迷うことなく行けますし、数ある花見の名所の中でも過ごしやすい場所なのではないかと思います。

ぜひお出かけになって、青空のもと美しい桜と桜に覆われ一層華やかになった姫路城を楽しんでください。

姫路に新幹線を利用して行かれる方はコチラの記事も参考にどうぞ。姫路駅の新幹線改札は少し特殊です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました