ホワイトデーのお返しを甘くないものにする時におすすめのお菓子とお酒は?

ホワイトデー

ホワイトデーのお返しを買おうと思っているのだけど、自分の彼女は甘いものがダメなので甘くないものを探しているという男性に、どのようなものを返せば良いのか紹介します。

私自身が甘いものが苦手なので、私の経験も少し混じえつつお伝えしていきますよ。

スポンサードリンク
  

ホワイトデーのお返しを甘くないものにするならコレがおすすめ

お菓子を返したいのならチョコ系のものは避けて焼き菓子系のものを選びましょう。

焼き菓子系のものなら甘さ控えめのものが多いので、甘いものが苦手な女性でも食べられるはずです(私自身がそうです)

その場合もバターたっぷりというのは避けて、あくまでもバター風味って感じのものを選ぶと良いでしょう。

甘さ控えめのスイートポテトなども良いですね。

砂糖も生クリームも入ってない、バターとさつまいもだけのシンプルなものを選んでください。

あとはチーズケーキも人気です。

基本的に「クリームやチョコ系は避ける」ようにして、お菓子を選ぶとおぼえておいて下さい。

「どれがそれに当てはまるのか分からない」という方は、素直に店員さんに聞いてください。


あと見た目のオシャレさは下がりますが、おせんべいなどの和菓子系も人気があります。

甘いものが苦手な方にピッタリなハート型のおせんべい「Oishii Heart」のように、ホワイトデー用のおせんべいというのが今はたくさん売られています。

そういうものの中からおせんべい、あられ、おかき、かりんとうなどを選ぶと良いでしょう。

かりんとうは砂糖がいっぱいついたものではなく、香ばしいタイプのものがあるのでそういうのを選んで下さいね。


彼女がお酒を飲める人なら、お酒とチーズや燻製などのおつまみというセットにしても良いでしょう。

「ホワイトデー用のミニボトル」が売られているので、そういったものの中から選ぶと良いでしょう。

お酒以外の飲み物だとコーヒーや紅茶のセットなんていうのも良いですね。

普段あまり買えない「ワンランク上のもの」のセットを贈ると喜ばれると思いますよ。

ただし、彼女が紅茶党かコーヒー党か分からない場合は避けて下さい。

たいていは紅茶かコーヒーかどちらしか飲みませんからね。好みから外れた方をもらうと持て余してしまいます。

実際にコーヒー党の私は紅茶をもらって持て余し、紅茶党の友人が持て余したコーヒーと交換したことがあります(笑)

ですから、彼女の好みがわからない場合は避けるか、事前のリサーチを行うかしてくださいね。

ホワイトデーのお返しにおすすめのお菓子

先ほども書いたとおりクリーム系やチョコ系は以外の焼き菓子、つまりクッキーが一番です。

…一番なんですが「それでも女性なんだから多少の甘さは必要だろう」と思い込み、チョコがかかったものやバニラエッセンスをふんだんに使ったものを買う男性がいらっしゃいます。

スポンサードリンク

甘いものが苦手な女性として一言言わせていただくと、それ本当に困ります。

ダメなものはダメなんです。頭の中の女性像より、あなたの目の前の彼女の好みを優先して下さい。

お願いだから本当に甘くないプレーンタイプのクッキーを選んで下さい!

プレーンタイプのクッキーが味気ないというのなら、ラスクやビスコッティ(イタリアの固焼きビスケット)などが良いです。

あとはナッツやオレンジピールなど甘さより香ばしさや酸味の美味しさを楽しむようなものが良いです。

紅茶のクッキーも良いですが、これは好みが分かれるものなので、彼女の好みが分からないなら避けた方が良いかも知れません。

基本的にシンプルな味のものを選ぶようにすると間違いないですよ。

有名だからといって「ガトーフェスタ ハラダ」のプレミアムタイプのラスクみたいな甘いものを選ばないように!

ホワイトデーのお返しにおすすめのお酒

リキュールやカクテルやブランデーなどのおしゃれな小瓶やシャンパンのミニボトルなどがおすすめです。

部屋のインテリアとしてもオシャレだし、いざというときには飲めます(笑)

こういうの女性は好きですよ。

飾ってもかわいいボトルやパッケージがおしゃれなものを選びましょう。

私の経験から言うと、この中でも特別感とオシャレ感が高いのはシャンパンですね。

「そんな高そうなものを要求されても…」と思った方もご安心下さい。

ハイパーエドシックやヴーヴクリコにモエ・エ・シャンドン、スプマンテなど、どこかで聞いたことのあるようなものでも、ピッコロサイズやハーフのミニボトルなら2,000~3,000円代で手に入ります。

これらの中からお手頃なものを選んでくださいね。

ただし彼女が炭酸が苦手な場合は、シャンパンは避けて下さいね。

まとめ

甘いものが苦手な女性でも喜ばれるホワイトデーのお返しを紹介してきましたがいかがでしたか?

「女性は甘いものが好きだ」という思い込みが強い男性にとっては「え?こんなので良いの?」というとまどいがあるかも知れませんが、現実はこんなものです(笑)

女性にシンプルで甘さ控えめのものを贈ることに抵抗があるかも知れませんが、甘いものが苦手な女性にとってはチョコよりクリームよりこういうものの方がランクが上なんです。

それを忘れずにお返しの買い物に行ってくださいね。

決して店員さんの「女性ならもっと甘いほうが~」の言葉に惑わされないでください(たまに居るんですよこういう人)

スポンサードリンク