会社で義理チョコを配る時の相場とおすすめの渡し方や上司へのメッセージ例

義理チョコ

今は廃止しているところも多いと聞きますが、今も多くの会社で配られる義理チョコ。

この会社で配る義理チョコっていくらくらいにするかが悩みどころです。

そこで会社で配る用の義理チョコの相場やおすすめの配り方などを紹介します。

スポンサードリンク
  

会社で配る義理チョコの相場っていくら?

会社で配る義理チョコの相場は、市販品で一人500円程度です。

上司(管理職)でも1000円程度ですね。

これを目安にして、担当業務が一緒の女性社員がお金を出し合って買って来て、当日の朝に配るというのが一般的です。

これ以上に安すぎると、さすがに見栄えが悪いし、かと言って変に高価なものにすると相手が勘違いする恐れもあるので、個人的に渡したい相手以外は相場に従うのが無難です。

あんまり高いものだと男性側のお返しの負担も増えてしまいますので

「ちょっと職場が和めば良い」

というくらいの気持ちと金額にしておきましょう。

会社で義理チョコを配る時のおすすめの渡し方

相場が500円と言えども、ひとりずつ用意するとなると結構な負担額になります。

それは返す男性側も同じです。

最近ではそういう事情をくんで、休憩所にチョコやお菓子の詰め合わせを置いて

「女子社員一同からです。皆さんでどうぞ。疲れた時にお好きにお食べ下さいね」

という形にしてる所が多いです。

スポンサードリンク

こうすると男性陣がホワイトデーにお返しする時も同じように「皆さんで食べて下さい」方式になり、お互いに負担が減ります。

特に営業職の男性は取引先でもチョコを貰うことが多く、お返しの手間や負担が大きいため、この「皆さんでどうぞ」はとても喜ばれます。

男女ともお互いに負担になってるな~と感じてる方は、職場で提案してみてはいかがでしょうか?

食べたい人だけが取っていけば良いので、甘いものが苦手な方は食べなくて済むという点でも好評ですよ。

机にドンとチョコだけ置いてあるのが味気ないなと感じたら、かごに可愛く盛っておけば、それなりに雰囲気が出ます(笑)

上司への義理チョコにはメッセージを添える

ここで言う上司というのは「お世話になった上司」です。

いつも仕事を教えてもらっているので、感謝の気持ちを込めてチョコを渡したいというようなことありますよね?

そういう場合は、日頃の感謝の気持ちを書いたメッセージカードを添えましょう。

チョコを相場より少し奮発したものにしても良いですが、それだと逆に気を使わせてしまうこともあるので「感謝の気持ちを伝える」のをメインとしましょう。

メッセージの内容も軽いもので大丈夫です。

「いつもお世話になりありがとうございます。寒いので、お体ご自愛くださいませ。」

と一言書いておけば、それで感謝の気持ちは十分伝わります。

あまりに長いものだと重くなりますし、万が一にも勘違いされても困るので簡単なものにしましょう。

チョコもメッセージも、おおげさになりすぎないようにするのがポイントです。

まとめ

会社で配る義理チョコは渡す時も、お返しの時も負担にならないようにするのが喜ばれます。

職場の空気を和らげたり、日頃の感謝を伝えるきっかけくらいに考えて軽く済ませるようにしましょう。

スポンサードリンク