ホワイトデーのお返しでもらって嬉しいものとがっかりしたもの

ホワイトデー

彼女にホワイトデーのお返しをしたいのだけど、どんなものが喜ばれるのか分からない(自信がない)

女性は何をもらったら嬉しいものなのだろう?とお考えのあなたに女性からみた「ホワイトデーのお返しでもらって嬉しいものとがっかりするもの」を教えちゃいます。

彼女へのお返しを一生懸命考えてる優しい彼氏さんたちは、ここから自分の彼女に合いそうなものを選んでください。

スポンサードリンク
  

ホワイトデーのお返しでもらって嬉しいもの

基本的に「彼からもらったものなら何でも嬉しい」というのが多くの女性の気持ちです。

「彼が自分のために考え、選んで、買ってくれた」という事実が、もうすでに嬉しいんです。

それに加えてクリスマスや誕生日みたいに気合の入ったものや高価なものだと、気を使っちゃうという人が多いですね。

「倍返し」を望む人は少なく「自分があげたものと同程度」を返してくれれば大満足!という女性がほとんどです。

ですので、あなたが彼女からチョコをもらったなら同価格帯のスイーツを返せば良いし、「チョコ+α」をもらったなら「スイーツ+α」や「チョコ+α分」のお返しをすれば良いでしょう。

これを踏まえて、以下に紹介する「もらって嬉しかったお返し」の中から彼女へのお返しを選んでください。

有名ブランドのスイーツ・チョコ

ホワイトデーが近くなると有名ブランドが出す「ホワイトデー限定スイーツ」が人気です。

デパ地下のどケーキ屋さんや洋菓子店に行けば、そういう限定スイーツがたくさんあるので、その中から選んであげると良いでしょう。

どのお店も当日はとても混んでますし、人気のスイーツは予約だけで売り切れることもあるので、早めに予約・購入しておきましょう。

近くにデパートがない、デパートに行く暇がないという方はネット経由でお買い求めください。

check 【伊勢丹】ホワイトデイ スウィーツセレクション

check 【三越】三越のホワイトデイ

見た目もオシャレで可愛く、持ち運びに困らないマカロンがおすすめです。

紅茶のセット

ハーブ系のものや、ちょっと変わったフレーバーティー、ブレンドティーなど、自分ではなかなか買わないような紅茶をもらって嬉しかったという声が多いです。

定番ですがルピシアの紅茶が人気です(缶もラッピングも可愛い♪)

紅茶は缶のデザインも凝ったものが多く、飲んだ後も飾っておくという方も多いですね。

ただし彼女が紅茶を好まない人だと「未開封の缶だけが溜まっていく(汗)」となりがちなので、彼女がコーヒー党なら絶対に避けてください。

あなたの手作りスイーツ

彼女から手作りのチョコを貰った方は、お返しも手作りのスイーツなんていかがでしょう?

「私が好きなベイクドチーズケーキを作ってくれた♪」とか「簡単なクッキーだけど私のために作ってくれた!」と喜ぶ女性は多いですよ。

最近はお菓子作りキットみたいなものもありますので、そういったものを利用すれば結構簡単に作れちゃいますよ。

ただし彼女がくれたのが有名パティシエのチョコやブランドのチョコだった場合は、あなたの手作りを「同程度のもの」として返すのは少し無理があるので止めておいた方が良いかも(特にあなたが普段作らない方なら)

また彼女の手作りがあまり上手ではなく、あなたの方がスイーツ作りが上手な場合も彼女が凹んでしまう可能性があるので見送った方が良いですね。

花束

「一度で良いから大きな花束をもらってみたい」と思っている女性は決して少なくありません。

「花なんてサッパリ分からない」という方は、お花屋さんと相談しながら選ぶと良いでしょう。

予算を伝えておくと、その中できちんと見栄えのする花束を作ってもらえますよ。

花束にはメッセージカードをつけておくと、とても喜ばれますよ。

予算に余裕があるなら花束だけを渡すのではなく、「食事の途中で席を外して戻ってきたら花束をもってきた」というようなサプライズ的な渡し方もアリです。

言うまでもありませんが、お店を予約する時に「花束をそちらに届くように手配して良いか」と聞いてからにしてくださいね。

「食事+花束」はあくまでも「予算に余裕があれば」の話ですからね。普通に花束を渡すだけでも、十分だということはお伝えしておきます。

花束の選び方が分からないという方はコチラの記事をどうぞ

ホワイトデーのお返しで本命に花を贈るなら意味とメッセージがポイント
ホワイトデーのお返しで本命に花を贈るなら意味とメッセージがポイント
ホワイトデーのお返しに本命の彼女に花束をあげたいのだけど、どういう花を選べば彼女は喜んでくれるのだろう?とお悩みのあなた。 そ...

レストランでの食事

あなたが仕事で普段忙しくしてる方なら、普段いかないようなレストランでのお食事はいかがですか?

「いつも忙しくしてる彼とゆっくり話をしながらディナーをいただくのが、とても楽しく嬉しかった」という声が多いですよ。

そんなに豪華なレストランである必要はありません。

いつもより少しだけ良い「なんとなくおしゃれなレストラン」での食事で良いんです。

「あなたと過ごす時間」が欲しい彼女にとっては、それで十分嬉しいプレゼントになります。

テーマパークのチケット(二人分)

これも彼が忙しいという人には人気のプレゼントです。

食事と同じく、普段忙しくしてる彼が自分と一緒に過ごす時間を作ってくれたことが喜ばれます。」

そのための準備(チケット)までしてくれたことが何よりのプレゼントという女性は多いですよ。

直筆の手紙

長~い手紙じゃなくメッセージカードに一言書いてあるような簡単なもので良いです。

「いつもありがとう」や「これからもよろしく」「大好きです」などの彼の言葉が本当に嬉しかったという声が非常に多い。

これを花束やスイーツにつけて渡すと、あなたの評価はうなぎのぼりです(笑)

いや冗談じゃなく、男性から女性への手紙の威力って、ものすごいものがあります。

面と向かって誉めることができない、感謝の気持ちが言えない、という男性にこそ書いて欲しいですね。

アクセサリー

いつも身につけていられるシンプルで飽きのこないデザインのネックレス、ピアス、ブレスレッドが人気です。

指輪は誕生日プレゼントにした方が良いかと思います。

こういったアクセサリーは「バレンタインの時に彼女から豪華なプレゼントをもらった場合にあげると良いでしょう。

彼女側からは簡単なプレゼントだった場合は、高価なアクセサリーを返されると気を使ってしまうので避けておきましょう。

基本は「貰ったものと同程度を返す」を忘れずに!

ただ彼女からリクエストがあったなら、そのリクエストに従ってくださいね。そのあたりは臨機応変に対応してください。

ホワイトデーのお返しでがっかりしたもの

貰って嬉しいものが多岐にわたるのに対し、がっかりしたものは3つに集中します。

お返しそのものがない

自分はバレンタインにチョコやプレゼントをあげたのに、彼氏からは何もかえってこなくてガッカリ!というケースです。

面倒くさい、ホワイトデーに興味がないという理由で、お返ししない男性が一定数存在します。

これはガッカリされても仕方ないでしょう。

自分は貰ったり何かされたりするのは嬉しいけど、彼女には何も出来ない・しない。これでは愛情を感じません。

「見返りが欲しくてチョコをくれたの?そんなの女性の押し付けでしょ」という男性も居ますが、お返しがなければガッカリするのが普通です。

相手に喜んで欲しいからプレゼントしたのに、相手からは何の反応もかえってこなければガッカリするのは当然でしょう。

ガッカリするのを通り越して

  • 彼にとって自分は時間や選ぶ手間、お金をかける価値がないのか?
  • 自分には何もしなくても何でも許してくれると思って甘く見られてるのか?

というように彼の愛情を疑います。

「結局は金かよ!」と逆ギレする男性がいますが、お金も手間も時間もかけないで、何をどう彼女に愛情を伝えてるのでしょう?

その状態で自分からの愛情を感じろというのは、さすがに無理な相談です。

「自分本位で、他人を思いやる事をしてくれない」と取られても仕方ないと思いますよ。

ホワイトデーが面倒なら、バレンタインの前から「イベントごとが嫌いだからバレンタインも要らない」と伝えておきましょう。

この記事を読みにきて下さってるくらいだから、あなたは大丈夫だと思いますが、彼女が好きなら相応のお返しはしてください。

お返しが義理と同じor安すぎる

自分は有名チョコをあげたのに、お返しがコンビニのチョコだった、500円くらいの駄菓子でガッカリしたというものです。

これも彼女へ手間やお金をかけるのが嫌だ、それだけの価値を感じない考えてると取られる行為です。

「お返ししない」よりはマシではあるけど、かなり近くはあります。

ホワイトデー用に売られてる可愛いデザインの箱に入ったスイーツすら用意するのが面倒だという態度を取られてガッカリしない人はいません。

高価なものが欲しいわけではないけど、こういう時は、もらったものと同等のものをお返しするものが一般的です。

金額の低さにではなく、プレゼントの一般的な金額を考えることが出来ない配慮の無さにガッカリしてしまいます。

学生ならまだしも、社会人の彼からこういう事をされると「この人は一般的な対応をとれない人かも。これが失礼かどうかも判断できないのかも」と思ってしまいます。

彼女からコンビニスーツや駄菓子の詰め合わせをもらったとか出なければ、もらったものと同程度のものを返すようにしてください。

サプライズ

なぜか男性は「今までにないものを!」とか「珍しいものを!」という事でサプライズ演出を狙ったり、ちょっと変わったものを選ぼうとしがちです。

ですが多くの女性は奇をてらったものよりも、定番のものを喜ぶものです。

彼女の趣味や好み・行動パターンを把握しているという自信と実績がないのなら、サプライズはやめておきましょう。

というか、こういった記事で「彼女は何を貰えば喜ぶのか」という情報を求めている時点で、やめた方が良いかと(汗)

喜ばれないだけならまだしも「黙って箱や缶の中(底)に、アクセサリーを入れとこう」なんて思いついてやったはいいけど、彼女が気づかず捨ててしまったなんて悲劇が起こりかねないですよ。

まとめ

「もらってガッカリしたもの」で、かなり厳しいことを書いてしまいましたが、逆に言えばこの3つの対応以外なら普通に喜んでくれます。

大好きな彼がホワイトデーにお返しをしようと悩んでくれている時点で嬉しく感じる女性がほとんどです。

「自分と同じだけ」を返そうとしてくれるなら、それで十分なんですよ。

こういう記事を読みに来る時点で、あなたは彼女にとって「大切にしてくれる彼氏」さんです。

記事内容を参考に彼女が好きそうなものを選んでお返ししてあげてくださいね。

そして悩んだなら悩んだと言ってください。それさえも彼女にとってはプレゼントになります。

スポンサードリンク