指の乾燥・ひび割れの原因と効果的なハンドクリームと手袋の使い方

指の乾燥・ひび割れ

冬になると指が乾燥してあちこちひび割れして水仕事がつらい。

自分でも気をつけているつもりなんだけど、気がつけばいつも指がひび割れちゃって困る。

そんなあなたに指の乾燥とひび割れの原因と、その対策方法として効果的なハンドクリームや手袋の使い方を紹介します。

「え、でもハンドクリーム使ってても乾燥してるんだけど」という方は、使うべきハンドクリームを間違えてるのかも知れませんよ。

そういう「間違い」がないかをチェックしてみてください。

スポンサードリンク
  

指の乾燥・ひび割れの原因

手のひらは皮脂腺が少なく肌を守る皮脂膜が作られにくいため、もともと乾燥しやすい場所です。

それでも夏はまだ皮脂も出るし汗もかくしで、皮脂膜によるバリアが作られやすいのですが、冬になるとこの機能が一気に低下します。

そこへ冷たい空気や水による血行不良が重なることで保湿機能が落ち、もともと弱かった守る力(バリア機能)がさらに弱くなります。

そしてどんどん乾燥しやすくなります。

この乾燥が進んで、肌の表面が割れた状態が「ひび割れ」です。

せめて水に触れなければ皮脂膜が洗い流されることもないので、ひび割れるところまでダメージを受けないんですけどね。

手は手洗い・料理・皿洗いなどで何かと水に触れなきゃいけないため、他の部分より乾燥はひどくなってしまいます。

指を乾燥から守るための手袋の使い方

今までの流れからも分かるように「水から手を守る」ことが大切です。

そこで活躍するのが手袋です。

料理や皿洗いなど水仕事の際にゴム手袋を装着して、手が水に触れないようにしましょう。

特に皿洗いは水と洗剤どちらもが手の皮脂膜を洗い流してしまうので、皿洗いの時は絶対に手袋をしてください。

台所仕事だけじゃなく洗濯物を干す時も、洗濯物の水気と冷えに触れないように手袋をしてくださいね。

細かなことを言うと、テーブルを拭くなど掃除の時も手袋を装着してください。

このようにゴム手袋を使って生活の中の「水に触れること」を徹底的に避けるように意識してください。

いちいち面倒だとは思いますが、毎日のその積み重ねこそが手の乾燥を防ぐになります。

どうしても直接触れなきゃいけない時は、熱いお湯でなくぬるま湯を使いましょう。

熱いお湯は皮脂膜どころか保湿成分も洗い流してしまうため、乾燥がひどくなります。

冷たい水と同じくらい熱いお湯も避けましょう。

そして水に触れた後は、そのたびに必ず水気を拭き取るようにしましょう。

いい加減に拭いて手に水分が残っていると、それが蒸発する際に手の水気を持って行かれます。

きちんと指先や指の間の水分まで拭き取るようにしてくださいね。

「後で拭こう」と放置するのもよくありませんよ。まめに拭くことが大事です。

スポンサードリンク



また私の経験から言うと、水に濡れないためのゴム手袋とは別に、乾燥した空気から手を守るための手袋も用意しておくとより効果的です。

これは何も特別なものではなく、単に日中もしめつけのない綿やシルクの手袋をしておくだけです。

こうして日中も手袋をすることで、冷えや乾燥から手を守るんですよ。

たったそれだけ?と言われそうですが、私はこの方法でかなり指先の乾燥が改善されました。

水分から手を守ってもイマイチ効果がなかったという方は、この乾燥と冷えから手を守るための手袋もやってみてください。

指の乾燥を改善するハンドクリームの選び方と使い方

ハンドクリームの選び方

指の乾燥を改善するためにハンドクリームをつけるわけですが、そのクリーム使い心地だけで選んでませんか?

指の乾燥を改善したいなら、不足している皮脂膜の代わりをして指を守ってくれるものを選ばなければいけません。

具体的には、ある程度油分を含んだこっくり・モッチリとしたハンドクリームを選びましょう。

付け心地の良さや肌なじみの良さで、水っぽいジェルのようなハンドクリームを使ってる方は今すぐ変えてください。

柔らかいテクスチャーのものだとヌルヌルするので、少し固めのテクスチャーのものを選ぶようにすると良いでしょう。

これだと「しっとりするけどベタつきもしない」ようになります。

指先が乾燥してゴワゴワと固くなってしまった人は、角質柔軟作用がある尿素配合のハンドクリームを選ぶと良いでしょう。

ただ、ひび割れができるまでになると尿素がしみて痛いので、先ほど紹介した油分が多いこっくりめのハンドクリームにしておきましょう。

ハンドクリームの使い方

ハンドクリームを塗るその前に、軽く化粧水を馴染ませましょう。

ゴワついてる指先に、しっかりと馴染ませてください。こうすることで後から使うハンドクリームが浸透しやすくなります。

ただし手をふやかしすぎると、逆に潤いが出て行ってしまうので、ほどほどにしてください。

化粧水が馴染んだら、指先や指の間など細かく丁寧にハンドクリームを塗り込んでいきましょう。

ゆっくり丁寧に塗り込むことでマッサージ効果が出て血流の流れが良くなり冷えも改善され、より一層の乾燥改善効果が期待できます。

これを水を触るたび、手が乾燥するたびに、こまめに行うようにしてください。


「手にハンドクリームが浸透しやすいから」という理由で寝る前にハンドクリームを塗りその上から手袋をしてそのまま寝るというケア方法をしてる方が多いですが、この場合もふやけてしまうと逆効果です。

手に汗をかきやすい人は通気性の良い綿やシルク素材のものを選ぶか、いっそ止めておいた方が良いでしょう。

また手袋のしめつけが気になって眠りが浅くなるという方もやめておきましょう。

私のように汗荒れを起こしやすい体質の方も夜の手袋は避けるが無難です(私は避けてます)

手袋を使わずとも、丁寧にたっぷりハンドクリームを塗り込んで寝れば、ちゃんと改善効果は出てきます。

まとめ

指の乾燥・ひび割れの原因とそれを改善するための手袋とハンドクリームの使い方を紹介しました。

水と乾燥から手を守るため、こまめにゴム手袋を使ったりクリームを塗ったりするという事は慣れないうちはしんどいです。

けど、このこまめなケアこそが何よりも役に立つことなんです!

面倒がらずこまめなケアを行い、乾燥もひび割れもない、みずみずしい指先になるよう頑張ってください。

スポンサードリンク