スマホのタッチパネルが指が乾燥してると反応しない原因と対処法と指以外で動かす方法

スマホ操作できない

冬になるとスマホのタッチパネルや銀行のATMが反応しにくくなる。

画面はキレイだし強くタップしすぎてるわけでもないのに、文字入力にイライラするほど反応しにくい。

これを人にいうと指が乾燥してるせいじゃないかと言われたのだけど、どうして指が乾燥してるとスマホが動かないんだろう?

どうやったら普通に動くようになるんだろう?

こんなふうにスマホ入力の際のイライラに悩んでる方に、その原因と対処法を教えます。

スポンサードリンク
  

スマホのタッチパネルが指が乾燥してると反応しない原因

スマホのタッチパネルは静電容量方式といって、ある程度の(わずかで良い)静電気を帯びた物が画面に触れると、そこに触れたと判断する仕組みになっています。

ところが指先が乾燥しちゃっていると、この仕組みが働かなくなります。

なぜ、たったそれだけのことで仕組みが働かなくなるかというと、、静電気は水を通じて放電しやすいという性質を持つからです。

本来、人間の皮膚は電気を通しません。

ところが静電気は水を通じて放電しやすいという性質があるので、皮膚の表面に適度な湿があると電気を通しやすくなります。

指先がカサカサに乾燥しちゃってると表面の水分がないので静電気が通らず、タッチパネルも反応しない、というわけです。

ATMのタッチパネルも同じ方式で動いているので、指先が乾燥してると反応してくれません。

スマホのタッチパネルが反応しない時の対処法

先ほど説明したとおり、タッチパネルが反応しない原因は指先が乾燥して湿り気がないせいです。

これを何とかしたければ、指先に湿り気(水分)を与えてあげれば良いんです。

その場しのぎで良いなら、指先に息を吹きかけて湿らせれば、その時だけは反応してくれます。

またウェットティッシュで指先を湿らせるという方法でも動きます。

けど、そんなことしてもすぐに指先は乾いてタッチパネルは反応しなくなっちゃうし、余計に乾燥が進んじゃいます。

普段から快適にスマホを動かしたいなら、ハンドクリームなどで指先を保湿してあげるのが一番です。

指先の乾燥改善方法は「指の乾燥・ひび割れの原因と効果的なハンドクリームと手袋の使い方」をごらんください。

「ハンドクリームを使うとタッチパネルがベタベタになるからイヤ」という方は、スマホ対応のハンドクリームを使ってください。

例えばこれなんて料理の前や途中でも使えるほどです。

他にもたくさんあるので、ご自分に合ったものを探してみてくださいね。

スマホのタッチパネルを指以外で動かす方法

指先のケアが面倒だという方は、スマホ用タッチペンやスマホ用手袋を使いましょう。

スマホ用のタッチペンは100均で手に入るので、持ちやすいものを買ってください。私はこれを一年中愛用しております。

スマホ用の手袋は指先に加工がしてあって、手袋をしたままタッチパネルが操作出来るようになっています。

外出先でも手袋をしたままで操作できるので、指先の乾燥対策のためだけでなく冷え対策としても使ってる方が多いですね。

ATMの操作でもモタつかなくなるので、外出用にひとつ買っておいても良いと思いますよ。

まとめ

便利なはずのスマホなのに操作にモタついてイライラしていては本末転倒です。

ササッと指先の保湿をするか、指以外のもので操作するかして、本来の快適さを取り戻しましょう。

▼指先以外の場所も乾燥して困ってるという方は、以下の記事一覧もお役立てください▼

スポンサードリンク