新生活の家電の費用(一人暮らし)の相場は?セットよりおすすめの買い方

家電

今まで学校も会社も実家から通える範囲だったので、ずっと実家ぐらしだったけどそろそろ自立して一人暮らしがしたい。

でもいざ準備を始めたら、家電を揃えるのにどれくらいかかるのか分からない。一人暮らし用のセットなんてのもあるけど、どれを買うのが良いんだろう?

なんていう「一人暮らし始めます」なあなたに、一人暮らしのための家電の上手な揃え方を紹介しますよ。

スポンサードリンク
  

新生活の家電の費用 一人暮らしの相場は?

一人暮らしをしていくにあたって最低限必要な家具というと以下のようになります。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 電子レンジ

これらの家電を一揃えする場合の費用の相場は、10万円前後になります。

ただしこれはあくまでも目安であって、あなたがどういう暮らしをしたいかによって、かかる費用は上がりも下がりもします。

例えば、先輩や知り合いなどから家具を譲ってもらえる、リサイクル用品で安く手に入れる場合はもっと下がります。

自炊をするつもりがないなら炊飯器は要りませんし、冷蔵庫も大きなものは必要じゃありません。

逆にテレビを見たいならテレビを買う必要がありますし、洗濯機を乾燥機付きのものにするとその分のお金はかかります。

部屋にエアコンがついてない場合は、それも合わせて買う必要があります。

ですのであまり「10万円」という金額にこだわらず「自分は何を必要とし何を削るか」の方にこだわってください。

その上で10万円以内におさまるようにする、というのが良いでしょう。

「新生活家電セット」を一人暮らしで買うのはおすすめしない

春が近づくと一人暮らしに必要な家電が一式そろった「新生活応援セット」とが販売されます。

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器・掃除機が5点セットになって10万円(あるいはもっと安く)ほどになってるセットです。

全て一式で買えるし値段は安いしで、とてもお得なように見えますが、実はそうでもありません。

セットのうち全て良い商品で揃っているということは非常に少なく、セットのうち何かひとつは大きさや性能が問題がある商品であることが多いです。

…いや、もっとハッキリと言ってしまいましょう。

不人気の商品を他の商品との抱き合わせにして在庫処分のために売っている場合があります。

例えば妙に重くて扱いづらい掃除機、容量が少なく人気がない冷蔵庫、型落ち製品などが混ざってるんですよ。

スポンサードリンク

自分で「値段が安いから良いや」と納得して買うならともかく、セットの安さにだけ惹かれて購入すると必ず後悔します。

ですので出来るならセット買いは避けておきましょう。

もし買うのでしたらセットになっている各商品のスペックを十分に調べてから買うと良いでしょう。

新生活のための家電のおすすめの買い方

一人暮らしをするなら最初から一通り家電を揃えてしまうよりも「絶対に要るものだけ買って、その都度必要なものを買い足す」という買い方がおすすめです。

なぜかというと頭の中で思い描いている一人暮らしと、実際の生活がかけ離れる可能性が高いからです(笑)

実家を出る前は「一人暮らしをきっかけに自炊を始めちゃおう♪」「テレビ見放題」なんて夢見ていても、いざ始めてみると…そうはならないんですね。

忙しすぎて自炊する暇なんてない、パソコンやスマホだけ使ってテレビなんて見ない、なんてなりがちです。

極端な話、家なんて寝るために帰るだけだとなる人だっています。

こうなると炊飯器もテレビも大きな冷蔵庫も全部要りませんよね。

そして「こんな事なら買わなきゃ良かった~」とか「他のものにお金かけとけば良かった」となります。

こうならないように、最低限のものだけ買って、後でお給料が入ってきた時にその都度必要なものを買うようにする方が無駄な出費を省けます。

ですので、いざ仕事が始まってしまうと買い物にいく時間がなかなか取れないという方以外は、この「買い足す」買い方をおすすめします。

引越し先に近い家電量販店で買うようにすると、距離が近く送料が安くなるというメリットもありますしね。

一人暮らし用の家電をレンタルしてから購入

さきほど紹介した「本当に必要なものだけを買っていくための見極め」として、まず一人暮らし用の家電を一式レンタルして1か月ほど過ごしてみるのもアリです。

これなら引越し後すぐに何不自由なく新生活が始められますし「自分にとって本当に必要なものを実体験で判断できる」という利点があります。

実際の使い心地も確認できるので「いざ使ってみたら不便だった」なんてこともなくなります。

レンタル料金はかかってしまいますが「自身で体験して確認できる」ことにメリットを感じるなら、レンタルからの購入も選択肢に入れてください。

まとめ

なるべく早く生活基盤を整えなきゃいけない、買い物する時間がないという方以外は、「書い足し方式」などで本当に自分に必要な家電のみを揃えるのが長い目で見ると一番お得です。

あなたの生活実態にあった家電を揃えられるようにしましょうね。

スポンサードリンク