有馬温泉まで車で行き神戸ルミナリエに電車で行く行き方とおすすめの見方と混雑回避方法

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエを観に来られる方の中には、有馬温泉まで車で来て宿に荷物と車を置き、そこから神戸ルミナリエに行くという方法を選ぶ方が多いですね。

ただ遠くから来られる方は神戸の街に詳しくないため、どうやってルミナリエまでの行くの良いか、どこでどう見るのが効率が良いか、混雑具合はどうなんだろう?と色々なことが心配だと思います。

そんな不安を解消するために、有馬温泉からルミナリエまでの行き方やおすすめの見方、帰りの混雑回避方法を紹介します。

スポンサードリンク

有馬温泉から神戸ルミナリエまでの電車を使った行き方

有馬温泉から三宮に出るまで複数のルートがありますが、その中で最も早く着くものを紹介します。

神戸電鉄有馬線「有馬温泉」駅→神戸電鉄「有馬口」駅→神戸市営地下鉄「谷上」駅→「三宮」駅です。

有馬温泉駅から神戸電鉄有馬線 有馬口行に乗り「有馬口」に。

「有馬口」から神戸電鉄有馬線 新開地行に乗り「谷上」に。

「谷上」から北神急行電鉄 北神急行電鉄 西神中央行に乗り「新神戸」を経由し「三宮」に到着です。

もっと詳しく乗換情報を見たいという方ははコチラの乗換案内にてご確認下さい。私が説明するよりよほど分かりやすいです(笑)

乗換案内 有馬温泉 ⇒ 三宮(地下鉄西神・山手線)

コチラのサイトでは時刻表も調べられるのでご活用下さいね。

本数は割合に多く長く待つことなく乗れてしまいますが「夕食の時間をガッチリ指定した」というような場合はここでチェックしておき帰りはどれに乗らないといけないか確認しておきましょう。

そしたら三宮駅から神戸ルミナリエのゴール地点「東遊園地公園」に行きます。徒歩10分程度歩けば着きます。

神戸市営地下鉄三宮から東遊園地公園への行き方は下記のグーグルマップにてご確認下さい(徒歩ルートをご確認下さいね)

神戸市営地下鉄三宮から東遊園地公園への行き方

なぜゴール地点に行くのか。その理由は次のようになります。

神戸ルミナリエのおすすめの見方

先ほど書いたように「東遊園地公園」は神戸ルミナリエのゴール地点でありスタート地点ではありません。

スタート地点は元町の三井住友銀行ビル前辺りになります。

なのに、なぜわざわざ東遊園地に行くようにしたのかというと混雑回避のためです。

神戸ルミナリエは点灯の瞬間を見ようと大勢の方がスタート地点に集まってきます。

スポンサードリンク

16時に交通規制が始まりますが皆さん交通規制前から歩道に集まってきて観光ツアーの団体客や個人で来られた方でギュウギュウです。

点灯時間は平日は18時頃、土日は17時頃とされてますが16時ごろには人でいっぱいです。

なんでそんなに前から行くかって?それは早く行かないと点灯時間にルミナリエが見える位置にたどり着かないからです。

早くから行かないと点灯時間にルミナリエが見える位置にはたどり着きません!元町駅からスタート地点までずーっと混んでます。ヘタしたら元町駅からスタート地点→ゴールまで流れができてしまい、どれだけ混雑しても抜けられません。

せっかくルミナリエを観に行ったのに一番キレイな点灯の瞬間が観られないわ、最初から最後まで人でギュウギュウだわ、散々な思いをします。

そんな思いしたくないし、だからといってかなり早い時間に行くのもイヤでしょう?

そうならないように東遊園地を目指して行ってくださいと言ったんです。

ルミナリエを観に来られる方は、だいたいスタート地点からゴールまで「光の回廊」を歩こうとするので以外とゴール地点である東遊園地には集まらず、比較的楽に点灯を待つことができます(あくまでも比較的ですが)

またスタート地点に居るとトイレに行くなんてまず不可能ですが、東遊園地公園にはトイレもありますので待っている間、無理に我慢する必要はなくなります。

このように東遊園地に直に行くようにすると、点灯が始まるまでの待機時間が楽になりますし、何より楽にたどり着けます。

スタート地点付近には南京町もあり、南京町で観光しつつ待つという手もあるますが、この場合もすごく混雑するのでおすすめできません。

「どれだけ混雑しても良いからスタートからゴールまでの「光の回廊」を歩きたい」というのでしたら元町スタートでも良いと思いますが、特に思い入れがないなら東遊園地での待機がベストです。

ちなみに最初から東遊園地を目指して行く場合も、点灯時間が早まることがあるため16時頃には周辺で待機しておくことをおすすめします。

神戸ルミナリエの混雑回避して宿に帰るには

点灯後、人々がスタート地点からどんどんゴール地点である東遊園地に人が流れてきます。

スタートからゴールまで一方通行になっているので、あなたが光の回廊を逆走することはできません。

だから点灯後、撮影したり屋台を楽しんだ後は、人が押し寄せる前に素早く三宮駅方面に向かって宿への帰路につくことをおすすめします。

「せっかく来たのだから、もう少し楽しみたいのだけど」というのなら、神戸市役所の展望台に登ると良いでしょう。

ここからはルミナリエ全長を観ることはできませんが、東遊園地全体の光を楽しむことができます。

急いで宿に帰る必要がない方は、ここでしばらく時間を潰すと人が居なくなり混雑に巻き込まれず済みます。

なんだったら最初から神戸市役所展望台で観てしまえば、混雑には巻き込まれずに済みますが、テレビで観るような長く続いたアーチは観られないのでご注意下さいね。

まとめ

有馬温泉に宿泊しつつ神戸ルミナリエも観たいという方のために移動手段やおすすめの見方、混雑回避の方法を紹介しました。

せっかく神戸まで行くのだから、あの圧倒的な光の美しさを楽しんで帰って下さいね!

ちなみに2016年の神戸ルミナリエの開催期間は12月2日(金)~12月11日(日)になります。

詳しいことが知りたい方は神戸ルミナリエの開催概要を御覧くださいね。

スポンサードリンク