頬が乾燥した赤ちゃんのケア方法とベビーオイルの使う時の注意点

頬が乾燥した赤ちゃん

赤ちゃんのほっぺが真っ赤になって超カサカサ肌になってしまった。

見た目的にもすごくかわいそうだし、1日も早くこの乾燥をなおしてあげたい!

そんなお母さんに赤ちゃんの頬の乾燥ケア方法を紹介しますよ。

スポンサードリンク
 

頬がカサカサに乾燥した赤ちゃんの原因は?

赤ちゃんの頬がカサカサに乾燥する原因は、空気の乾燥・よだれ・アトピー・アレルギーなどによるものです。

だいたいは、空気の乾燥とよだれ(口周りの汚れ)によるものですね。

赤ちゃんの肌って「ぷくぷくのツルスベ肌」のイメージが強いですが、実は大人より皮膚が薄いため外気の影響を受けやすいんです。

そのため冬など空気の乾燥がはげしくなる季節になると、すぐにお肌の潤いが奪われ乾燥します。

赤ちゃんが寒がるといけないから、と部屋の暖房をしっかり付けてますよというのも、乾燥の原因になってたりします。


もう1つの原因「よだれ」ですが、赤ちゃんはどうしても口周りや頬がよだれでベトベトになります。

その大量のよだれが蒸発する時に肌の水分も一緒に持っていってしまうので、頬がカサカサになってしまうんです。

赤ちゃんの皮膚は大人よりも刺激に弱く、よだれという刺激により肌荒れすることもカサカサになる原因となってます。

また、よだれをせっせと拭いたり洗ったりして、赤ちゃんの肌を健康に保とうとする親心が皮脂の奪いすぎとなり、乾燥を引き起こしている場合もあります。

清潔にしてあげることは良いことなんですが、皮脂の落としすぎはダメなんです。

頬の乾燥のケア方法

先ほど紹介したように、赤ちゃんの頬の乾燥の2大原因は「空気の乾燥」と「よだれに関するもの」です。

これら2つの原因を改善するケア方法を、それぞれ紹介していきます。

部屋を加湿しよう

外出する際の赤ちゃんの顔は、耳までの帽子をかぶせる、保湿クリームを塗るなどで守ってあげるとして、問題は室内です。

気温が下がるにつれ、部屋の空気はわたしたちが思ってる以上に乾燥しています。

そこへエアコンなどの暖房をつけることによって、さらに室内の空気の乾燥がすすみます。

外気の刺激に弱い赤ちゃんの肌は、この室内の空気の乾燥に大きく影響されます。

まずは加湿器などで室内の湿度を上げましょう。

湿度を50~60%、室内温度を20~22度に保つようにするとウイルス・ダニ・カビなど体に良くないものを抑制できるのでおすすめ。

check インフルエンザ予防にうがいや手洗いは効果ある?最適な湿度と温度は?

赤ちゃんがいる時の加湿器の置き場所や選び方はコチラの記事を参考にしてください。

check 赤ちゃんのいる寝室に置く加湿器でおすすめの種類と置き場所

スポンサードリンク

よだれはまめに拭いて清潔に保つ

よだれをまめに拭いて頬を清潔に保つようにしてあげましょう。

ただし何度も石けんを使って洗うと、肌を保護するための皮脂の落としすぎになってしまうので、ぬるま湯に浸したガーゼなどでトントンと軽く押し当てるようにして拭いてあげてください。

摩擦も肌の乾燥を進めるので、絶対にこすらないようにしてくださいね。

またウェットティッシュなどは赤ちゃんの肌に刺激を与える成分が入ってることがあるので使わないようにしましょう。

柔らかく肌触りの良いガーゼを使用するようにしてください。

そうやってよだれを拭いたあとは、保湿クリームやオイルを塗ってあげましょう。

この時、肌を守ろうとして厚めにクリームやオイルを塗ると、これはこれで肌荒れを起こす場合があるので、薄めに塗るようにしましょう。

赤ちゃんの頬の乾燥にベビーオイルを使う時の注意点

「赤ちゃんの肌が乾燥=ベビーオイルでのケア」というくらいにベビーオイルがおすすめされますが、ベビーオイルが絶対に良いというわけではないんですよ。

ベビーオイルでも鉱物性のものや合成成分が多く含まれているものがあり、それらが赤ちゃんの肌に合わない場合はかぶれます。

もちろん、それが肌に合う場合はなんともないんですが、あなたの赤ちゃんの肌に絶対合うとは限りません。

「ベビーオイルなら絶対安心♪」と油断せず、まず赤ちゃんの肌に合うかどうか確認した上で使うようにしてください。

だからと言って何がなんでも自然由来成分のものじゃなきゃダメってわけではないですからね。

確かに自然由来成分のベビーオイルというものがあり、それを好んで使ってるお母様もたくさんいらっしゃいますが、それは赤ちゃんの肌にその商品が合ってるからです。

「口に入れても安全だし肌に合うから」ということで、オリーブオイルや馬油を使ってる方もいらっしゃいます。

大切なのはそのベビーオイルや保湿クリームが、あなたの赤ちゃんに合ってるかどうかです。

周りの評判に惑わされず、そこをきちんと見極めるようにしましょう。

そしてちゃんと赤ちゃんの肌に合うものを見つけたら、少量を手で温めて薄く伸ばしてから、赤ちゃんの顔に優しく伸ばすように塗ってあげてください。

これをこまめに繰り返してあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの頬のカサカサは誰もが一度は通る道と言っても良いくらい、仕方がないことです。

とは言え、そこを何とかして早く治してあげたいのが親心というものです。

ここまで紹介したケア方法や対策をして、赤ちゃんの頬の乾燥をケアしてあげてくださいね。

それでもあまり快方に向かわない場合は、アレルギーやアトピーの可能性があるので、一度小児科や皮膚科に連れていってあげてください。

ある程度のケアを頑張っても改善しない時は、専門家を頼っちゃいましょう。

あなたが全部ひとりで頑張る必要はないんですよ。

スポンサードリンク