ディズニーのハロウィンのコスプレで美女と野獣のビーストとベルをする時の注意点とは?

2017年は9月8日~10月31日に開催される「ディズニー・ハロウィーン」は、期間中毎日フル仮装で入園できるなったこともあり、例年以上に盛り上がりそうです。

その中でも特に人気になりそうなのが実写版映画があった美女と野獣のコスプレです。

通販で買うにしても自作するにしても、早めに押さえておきたいものですが、ディズニーのルールに則ったものを用意する必要があります(でないと入園できません)

そこでディズニーのハロウィンのコスプレで美女と野獣のビーストとベルをする時の注意点を書いておきますので、これに合うものを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク
  

ディズニーのハロウィンのコスプレで美女と野獣をするなら早めに用意を

今年(2017年)は実写版映画がヒットしたとあって、美女と野獣のコスプレを選ぶ人が多くなることが予想されます。

ですので売り切れにならないように早く買っておきましょう。

オーダーで頼むのなら、今すぐにでも注文してください(それでも厳しいところもアリ)

また、ケープやカーディガンなど、衣装の上か軽くら羽織れるものを合わせて用意しておくことをおすすめします。

ハロウィン期間の9~10月は、日中は日が照って暑いですが、朝晩や曇っている日は長袖じゃないと肌寒く感じる日も多いです。

ビーストはともかくベルのゴールドドレスを着る予定なら、羽織るものがないとかなり厳しいですよ。

美女と野獣のコスプレ衣装を通販するなら

大人用のコスプレ衣装はライセンス商品はないので、ディズニー風衣装を販売しているサイトで購入しましょう。

↓こういうのがたくさんありますよ。

お手頃価格のものから、やや高値のものまで幅広く揃ってますので、予算に合ったものをお選びください。

小物と衣装がセットになったものを選ぶと楽ですが、その分、衣装の品質が落ちる場合があるので注意しましょう。

スポンサードリンク

かと言って高価なものでも品質はイマイチ…な場合もあるので、他の購入者の口コミを見て検討すると良いでしょう。

美女と野獣のコスプレ衣装を自作する

高いお金を出したのに出来がイマイチ…というのを避けたいのでしたら自作するという手もあります。

ある程度の裁縫の腕がある方は、頑張ってみてはいかがでしょうか?

特にベルのゴールドドレスは(比較的)自作しやすくなってます。

オカダヤや、ユザワヤなどで、ゴールドドレスに近い型紙(シンプルなウェディングドレスの型紙でいけると思います)を探し、それを使って作りましょう。

その型紙に、必要な布の素材・量やファスナー個数などが書かれているので、それに従い材料をそろえればOKです。

シンプルなワンピースくらいなら作れるという方は、ぜひチャレンジを。

着替えは更衣室を利用しよう

ハロウィン期間中は着替えるためのスペースが設置されています。

このスペースを利用して着替えるようにしてください。

駅のトイレなどの公共施設や、やパーク内外のレストルーム・車イス利用ゲスト優先レストルームなどを使用しないようにしましょう。

着替えスペースの待ち時間が長いからといって、周りの方に迷惑をかけないようにしてください。

また少しでも下着が見えそうな場合も「パパッと着替えれば良いや」なんて面倒がらずに着替えスペースを利用してください。

自宅や宿泊してるホテルの部屋で準備を済ませられるのなら、出来る限りそこで済ませておきましょう。

美女と野獣のビーストのコスプレをする時の注意点


美女と野獣のビーストのコスプレを本格的にしようと、かぶり物を用意しようと張り切る方が多いのですが、顔を覆うものは避けてくださいね。

ディズニーの仮装のルールの中に

●顔全体:全体的に肌の色と違う色や、濃い色を塗る、血や傷跡を描く、血のりや、傷跡などのシールを付ける。
●口元:口元全体にひげを描く・付ける
●お面、つけ鼻、ゴムマスクの着用

※上記のようなメイクは、全て不可となります。
※パーク内でお面を付けたり、入園不可のメイクをし直すなどの行為はご遠慮ください。

引用 ディズニー・ハロウィーン2017 ディズニーキャラクターに仮装して「ディズニー・ハロウィーン」を楽しもう!|東京ディズニーランド・東京ディズニーシー

というものがあり、顔全体を覆うようなかぶり物を着用してしまうと入園させてもらえません。

また野獣っぽく見せるためのメイクも不可と考えて良いでしょう。

頭からカポッとかぶる帽子タイプの仮装グッズにとどめておくのが無難です。

先程紹介した通販で買えるようなコスプレ衣装は、たいてい帽子タイプになってるので、それを買うのが一番ですね。

コスプレで美女と野獣のベルをする時の注意点

ディズニーのハロウィンの仮装ルールでは、肌の露出が多い衣装は禁止されています。

肩ひものないもの・おなかの露出など、お子様や他のゲストが目のやり場に困ってしまう格好はアンダーウェア(肌着)や上着を着用しよう!

引用 ディズニー・ハロウィーン2017 ディズニーキャラクターに仮装して「ディズニー・ハロウィーン」を楽しもう!|東京ディズニーランド・東京ディズニーシー

ベルの衣装は過度な露出はないものの、「肩紐なし」なゴールドドレスを選んだ場合、このルールに引っかかる可能性があります。

ですので、肩紐がないゴールドドレスを着用する場合は、上からケープを羽織ったり、中に肌着を着るなどして素肌を露出させないようにしましょう。

また、ドレスの丈が長すぎてしまう場合も入園不可となってしまいます。

裾をひきずってしまう丈の長いドレスや装飾は、危ないので禁止だよ!

つまずいてしまうと危ないし、せっかくの衣装が汚れて台無しになってしまうよ。入園口を通れない幅のドレスも入園できないから気をつけてね!

引用 ディズニー・ハロウィーン2017 ディズニーキャラクターに仮装して「ディズニー・ハロウィーン」を楽しもう!|東京ディズニーランド・東京ディズニーシー

裾を引きずらないよう、くるぶしくらいまでの長さになるようにしてください。

メイクに関しても、あまり濃すぎるものは不可となることがあるので「いつも外を歩いているくらいのメイク」にしておいてください。

アニメのままを再現しようとして特殊メイクっぽくなってしまうと入園不可となる場合があります。

まとめ

ハロウィンイベントでのコスプレはとても楽しいものですが、楽しむためにはルールを守ることが必要です。

きちんとディズニーのハロウィンで仮装ルールを読んで、ルールに則った衣装を選んで買うようにしましょう。

スポンサードリンク